Loading

津波よけ高台検索アプリ『高台サーチ』のAndroid版をリリース

2013年3月9日(土) 13時15分
 日本最大の釣り船予約サイト「釣割」を運営するB.Creation(兵庫県芦屋市)は、津波を避けることが出来る高台を2クリックで検索することが出来る iPhoneアプリ『高台サーチ』のAndroidアプリ版を開発し、3月11日より、GooglePlayストアで販売を開始する。

 津波対策で重要なことは、津波が発生した場合、どの程度の高さの津波が発生する可能性があるのか、そして、その津波を避けることができる高台や建物はどこにあるのかを事前に知っておくことだ。

 B.Creationが運営する日本最大規模の釣り船予約サイト「釣割」営業スタッフは、海近くのホテルに泊まる機会が多いが、東日本大震災以降、津波に対する不安が大きくなった。津波から逃れられる高台を事前に検索することができれば減災できると考えたが、希望通りのサービスがなかったため、自らアプリ『高台サーチ』を開発した。先行してリリースされた iPhone版は、発売からすぐにナビゲーションカテゴリーでランキング1位を獲得し、ユーザからの評価も5段階で4.5以上をキープしている。

機能
●現在地または任意の場所の標高を知ることができる。
●現在地または任意の場所から最短の高台を探すことができる。高台の標高は任意で設定できる。
●検索した高台までのルートマップをマップアプリで表示。
●高台の検索履歴を3件まで記録。

 なお、本アプリのリリースを記念して、通常価格 350円のところ50%オフとなる170円で販売する。

《編集部》

『高台サーチ』Android版アイコン 『高台サーチ』Android版 『高台サーチ』Android版 『高台サーチ』Android版 『高台サーチ』Android版 『高台サーチ』Android版

関連ニュース

ピックアップフォト

気仙沼線、復旧を正式に断念…BRTを継続運行へ 災害時にラジオに割り込んで防災行政無線が配信される防災ラジオ ゼンリンと神戸市、災害時の地図供給などで協定 南海トラフ地震に備えて…子ども体験ほか 3月19日 ニュース速報アプリ「NewsDigest」が災害対応機能を新たに追加 東日本大震災から5年、通信ネットワークの災害対策は進んでいるのか? 三菱自動車、震災遺児奨学基金へ デリカD:5 を寄贈 常磐自動車道の一部区間を4車線化…渋滞解消 国交省と農水省、津波や高潮発生時の水門閉鎖におけるルール浸透を検討