Loading

『週刊少年マガジン』編集部が義援金191万3367円を寄付

2014年12月25日(木) 21時45分
『週刊少年マガジン』編集部が義援金191万3367円を寄付
 講談社は、『週刊少年マガジン』編集部が創刊55周年を記念しておこなった企画「きふよみ!」の一環として、岩手県、福島県、宮城県の3県の東日本大震災義援金受付に対し、合計で191万3367円を寄付した。

 この夏、『週刊少年マガジン』編集部は、創刊55周年を記念してチャリティ企画「きふよみ!」を実施した。期間中(6月27日~9月4日)に『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍が、電子書店で有料・無料問わず1冊ダウンロードされるたびに、『週刊少年マガジン』編集部より、55周年にちなみ55銭(0.55円)を東日本大震災義援金受付に寄付するという企画。

 多くの読者にこの企画に参加してもらうため、期間中に毎週2つずつ『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍を無料で公開した。

 その結果、各電子書店で『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍は有料・無料あわせ347万8848ダウンロードされ、寄付の合計金額は、ダウンロード数に0.55円を乗じた191万3367円となった。寄付金は各県に63万7789円ずつ、11月21日に寄付された。

《編集部》

『週刊少年マガジン』編集部が義援金191万3367円を寄付

関連ニュース

ピックアップフォト

気仙沼線、復旧を正式に断念…BRTを継続運行へ 災害時にラジオに割り込んで防災行政無線が配信される防災ラジオ ゼンリンと神戸市、災害時の地図供給などで協定 南海トラフ地震に備えて…子ども体験ほか 3月19日 ニュース速報アプリ「NewsDigest」が災害対応機能を新たに追加 東日本大震災から5年、通信ネットワークの災害対策は進んでいるのか? 三菱自動車、震災遺児奨学基金へ デリカD:5 を寄贈 常磐自動車道の一部区間を4車線化…渋滞解消 国交省と農水省、津波や高潮発生時の水門閉鎖におけるルール浸透を検討