【最新】usb見つかる!usb紛失でクビ?尼崎個人情報流出させた社員は誰?biprogy(元日本ユニシス)の関西支社協力会社は?流出内容など

6月23日、兵庫県尼崎市に住む約46万人分の住民データが入ったUSBメモリーを、紛失したことが明らかになりました。

市の委託先業者である、biprogy株式会社 関西支社 協力会社社員が、USBメモリーをカバンに入れて持ち出し、紛失したのだそうです。

biprogy(元日本ユニシス) 関西支社 協力会社とはどこなのか、usb紛失で尼崎個人情報流出させた社員は誰なのか、クビ?なのか、流失した内容などを調査しました。最新情報もご紹介していきます。

さらに、日本ユニシスが過去にジャパネットたかたの個人情報を流出してしまった事件や、日本ユニシスの年収、女性の働きやすさ、口コミや評判、協力会社として名前が上がっている「ユニアデックス」についても調べましたので、ご紹介します。

目次

biprogy(元日本ユニシス)関西支社の協力会社はどこ?

biprogy(元日本ユニシス)関西支社

所在地:〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーB

ユニシスは約18年前、(株)ジャパネットたかたの個人情報を流出しているようです。

biprogy(元日本ユニシス)関西支社の協力会社

6月21日 関係社員は、大阪府吹田市にあるコールセンターで、データ移管作業をするために、USBメモリーをカバンに入れて持ち出したとされているので、協力会社の場所は吹田市にあるようです。

協力会社がどこなのか話題になっていますが、今のところ、会社名までは明かされていません。ツイッターでは派遣会社ではないかという声もあるようです。

尼崎個人情報流出させた社員は誰?

biprogy(元日本ユニシス)関西支社の協力会社 社員

  • 年齢40歳半ば
  • 20年近く尼崎市の業務に携わっている
  • 過去に問題なし
個人名まではわかっていません。

尼崎個人情報流出した内容

尼崎個人情報流出した内容
  • 住民基本台帳の情報(氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、住民となった年月日など)
  • 住民税に関わる税情報(統一コード、住民税の均等割額
  • 非課税世帯等臨時特別給付金の対象世帯情報(世帯主の統一コード、申請書番号、申請受付日、申請書不達理由、振込済処理日時など
  • 生活保護受給世帯、児童手当受給世帯(口座情報:統一コード、金融機関コード、支店コード、口座区分、口座番号、口座名義

なお、USBメモリーはパスワードがかかっていて、暗号化処理もされているので、今現在、外部へ漏洩は確認されていないとのことです。

usbを紛失させた人はクビ?

業者の協力会社員がUSBメモリーを持ったまま飲酒して路上で寝込み、カバンごとなくしたという。

引用元:朝日新聞Digital
カバン紛失後、6月22日 警察署に遺失物届を提出したようです。

クビ?との声

【速報】USB見つかる!!

2022年6月24日夕方、usbが見つかったとのニュースが入ってきました。尼崎個人情報流出することなく本当に良かったです。
この社員のクビも免れそうですね。

biprogy公式サイト

派遣会社って評判悪いの?

今回のUSB紛失事件で、市がビプロシー(元 日本ユニシス)へ委託し、その協力会社がさらに派遣会社に再委託していたことが明らかになりました。

もちろん全ての派遣会社が評判悪いわけでは決してありません!ですが、今回の事件で派遣会社社員の問題行動が話題になっていました。

調べていくと、中には評判の悪い派遣会社もあり、その内容は次の通りです。

  • 社会保険に加入させない
  • 二重派遣で賃金を搾取する
  • 賃金未払い
  • 派遣禁止の職業に派遣する
  • 条件に合わない求人ばかり紹介してきたり、放置される
  • 架空の求人を掲載して登録させる
こういった派遣会社は、登録する際、注意が必要です。派遣先で実際仕事をする際に、トラブルになることがあるようです。
ではここで、評判の良い派遣会社のランキングをご紹介します。
  1. リクルートスタッフィング
  2. スタッフサービス
  3. テンプスタッフ
CMなどでもお馴染みですね、やはり大手の派遣会社は評判が良いみたいです。ご参考までに。

今回USB紛失事件で、派遣会社名は明かされていませんが、もしかしたら評判の悪い派遣会社からの社員だったのでしょうか、、、

日本ユニシス社員の年収はいくら?

日本ユニシス 平均年収

ネットで調査したところ、日本ユニシスの2021年【最新版】の年収は、

  • 平均年収:808万円(有価証券報告書調べ)
  • 業界ランキング:326位(情報・通信業)
全国平均年収が436万円なので、全国平均よりも高いようです。また、日本ユニシスここ6年間で、年収が+7.7%上昇傾向にあるようです。

また、業界内で比較すると、「情報・通信業」の上場企業平均年収が627万円ということなので、業界平均と比較をして、181万円も高い水準です。

これらのことから、日本ユニシスここ数年、業績好調なのが伺えます。

日本ユニシス 年代別の平均年収

次に、日本ユニシスの年代別平均年収もご紹介します。(年収チェッカー調べ)

年代別平均年収

  • 25~29歳:462万円
  • 30~34歳:560万円
  • 35~39歳:652万円
  • 40~45歳:739万円
  • 45~50歳:808万円
  • 50~54歳:901万円
  • 55~59歳:965万円
平均年収だけ見ても、会社の良し悪しは判断できませんが、IT業界自体、今後の将来性がある業界ですので、日本ユニシスも今後伸びていくことが予想されます。

日本ユニシス 会社概要

社名BIPROGY株式会社(旧 日本ユニシス株式会社)
設立1958年(昭和33年)3月29日
代表取締役社長平岡 昭良
資本金54億8,317万円
従業員数連結: 8,068名
単体: 4,451名
(2022年3月31日現在)
事業内容クラウドやアウトソーシングのサービスビジネス、
コンピュータシステムやネットワークシステムの賃貸販売、
ソフトウェア開発販売、各種システムサービス
主要株主は大日本印刷株式会社だそうです。従業員も大変多く、間違いなく大企業と言えますね。日本全国に支社、支店があり、全国展開しているようです。

日本ユニシス 女性が働きやすい会社

女性が輝く先進企業 表彰

日本ユニシスは2019年12月、内閣府男女共同参画局による、「令和元年度 女性が輝く先進企業表彰」において

「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」 受賞

女性が輝く企業 2019

日本ユニシス 公式 HP

女性が輝く先進企業表彰とは?

女性が活躍できる職場の環境を整えるため、顕著な功績があった企業を表彰するものです。2014年に創設。

日本ユニシスは、経営戦略の重要な柱の1つとして、「ダイバーシティ(多様化)推進」をおこなってきており、女性活躍推進はその第一歩と位置付けて取り組んできたそうです。この受賞まで、4年をかけて社内の環境整備、取り組みを行なってきたのだと、担当者は語っています。

日本ユニシスは女性が働きやすいのか?

日本ユニシスの女性社員に関するデータがあったのでご紹介します。

離職率
  • 情報通信業の10年以内の平均離職率が、男性従業員が45.0%、女性従業員が49.7%
  • 日本ユニシスの10年以内の離職率は男性従業員が47.6%、女性従業員が35.3%
日本ユニシスは女性の離職率が、同業他社と比べて、低いことが分かります。
女性従業員の割合
  • 情報通信業の女性従業員の割合が平均27.8%
  • 日本ユニシスの女性従業員の割合は、21.6%
業界内では、女性の割合は、比較的少ないようです。
育休取得率
  • 情報通信業の女性従業員の育休取得率が平均88.5%
  • 日本ユニシスの女性従業員の育休取得率は、100.0%
この結果には驚きです!育休が取りやすい雰囲気、環境が整っている会社なのでしょう。素晴らしいですね。

女性が働きやすい環境を作る取り組みとして、単に女性従業員を増やすのではなく、組織の在り方や風土改革に向けて、担当者が取り組んできたことが、ようやく実を結んだようです。企業努力に感心します。

日本ユニシス 社員の評判や口コミ

社員の良いというネットの口コミ

  • 社食、団体保険なと充実。厚生制度多すぎてよくわからないこともある。
  • 特にディズニーリゾートのスポンサー企業ということで、従業員特典が魅力的でした。
  • 住宅手当は良い方だと思う。
  • 入院の際、保険組合の独自の給付制度で通常の高額医療制度よりも戻ってきて助かった。
  • 研修制度がとても充実
  • 有休は取りやすい。
  • 入退館時刻やPCのログイン・ログオフ時刻はキッチリと管理、残業代はしっかり払われる
  • 部署にもよるが残業なしで定時に帰ることができる
  • 子供のいる人などは働きやすそうだ

社員のあまり良くないというネットの口コミ

  • 納期がある仕事である以上、部署によっては終電間際までの残業や休日出勤が常習化
  • 年功序列を解消しようと努力はしているが、まだ進んでいない。
実際に働いている社員の口コミであるにもかかわらず、ほとんどが良い口コミ、評判でした。

日経の働きやすい企業ランキング上位500には、ほぼ毎回名前があるので、ブラックとかではなく、ちゃんとした企業なのでしょう。

日本ユニシスからBIPROGY(ビプロジー)へ社名変更

まだ社名を変えて時間が経っていませんが、これから徐々に定着していくことでしょう。

biprogy(元 日本ユニシス)がジャパネットたかたの顧客情報 流出

2004年3月9日に、ジャパネットたかたのシステム開発を担当していた、日本ユニシス株式会社がジャパネットたかたの顧客情報を流出してしまったという報道がありました。報道によると、流出した人数は148人で、流出数は30万から66万人分にも及ぶとの見通しも。流出した内容は、氏名、性別、住所、電話番号、生年月日、年齢が記載されていたとのことです。

事件発覚後の流れ

  • 3月9日:日本ユニシスグループ調査委員会を設置
  • 3月10日:日本ユニシスグループ調査委員会が現地調査を実施
  • 3月12日:ジャパネットたかたが告訴状を提出
    ジャパネットたかたに、日本ユニシスグループ調査委員会が中間報告を実施

日本ユニシスは、事件解決に向けて全面的に協力すると表明

  • 3月12日から17日:日本ユニシスグループ調査委員会が引き続き独自調査を実施
  • 3月19日:ジャパネットたかた・高田社長に対し、日本ユニシスグループ調査委員会が報告を実施。ここで、ジャパネットたかた顧客情報流出に関する日本ユニシスグループ調査委員会は解散

日本ユニシス側は誠意を持って対応していたようですが、この間、ジャパネットたかたは業務を一旦停止、同社は9日から通販番組放映を中止。Webサイトもトップページに情報流出の報告とお詫びの言葉を表示していたようです。

ビプロジーの関連会社はユニアデックス?

ユニアデックス株式会社は、BIPROGYグループの国内大手の総合サービス企業です。ユニアデックスの株を100%、ビプロジーが保有しています。

会社概要

会社名ユニアデックス株式会社
代表取締役社長田中 建(たなか けん)
住所〒135-8560 東京都江東区豊洲1-1-1
設立1997年3月4日
資本金7億5,000万円
株主BIPROGY株式会社(100%)
従業員2,486名(2022年4月1日現在)
事業内容コンピュータハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど、
システム基盤の企画、設計、構築から運用、保守サービスなど

ビプロジーの協力会社はユニアデックスなのか

今回のUSB紛失事件を受けて、一部では、ビプロジー(旧 日本ユニシス)の関連会社がユニアデックスでは?との声もありました。

今回のUSB紛失事件で、ビプロジー(元 日本ユニシス)の協力会社の名前は公になっていませんが、この辺りの会社に詳しい筋からは、ユニアデックスあたりではないか?との見方もあるようです。
  • URLをコピーしました!
目次