【魚拓あり】生島マリカと西原理恵子と娘の関係は?「毎日かあさん」で娘の個人情報を暴露。一体何が起こった?現在の親子関係はどうなってる?

作家である生島マリカさんが、西原理恵子さんと娘の鴨志田ひよさんについて暴露したことが話題になっていますね。生島マリカさんも西原理恵子さんによる被害者のようです。

一体何が起こったのか、なぜそんなことを暴露したのか、生島マリカさんと西原理恵子についても調べてみました!

目次

生島マリカが西原理恵子と娘の関係を暴露した?

生島マリカさんは、ツイッターで何が起こっていたのかを大暴露しています。

中3の時に娘が反抗期で言うこと聞かないから面倒みてくれと母親から紹介された。頭痛が酷くて怖いから医者に連れて行ってくださいと頼まれ付き添ったり16歳の誕生日にも母親はお爺さんに付きっきりで留守と。誕生日なのに誰も祝ってくれない美味しいお鮨が食べたいと言ったので高級寿司へ連れてった。

https://twitter.com/MaMaZ_marika/status/1532430252844396544

娘は、何度も何度も自分を描かないでと母親に懇願していた。もう描かないと約束しては約束を破って娘は傷ついていた。作風だから仕方ないよと諭したが、でも私を描くのはもう止めて欲しいんですと。イジメがあったから。すると母親から描かせないなら家を出ろと言われ困り果ててわたしに相談してきた。

https://twitter.com/MaMaZ_marika/status/1532432124527390720

母親は娘におまえはブスだねえと毎日のように吐きつけていたんです。ご自分の整形前にそっくりな娘に対して。。と、娘は泣きながら私に訴えてきました。ブス、やりまん、クソ女、ゴミ、誰の金で生活できてるんだ、これを12歳から18歳の女の子(自分の娘)に言い続けてきたんです。ぜんぶ事実です。

https://twitter.com/MaMaZ_marika/status/1532550558246215682

これが事実だとしたら本当にひどいですね・・特に子供の頃はこういったことでイジメられますもんね。その上に、思春期にお母さんからブスやクソ女などと言われたら・・娘さんの苦労を思うと、やりきれません。

ツイッター

生島マリカツイッター

生島マリカって誰?

生島マリカさんは1971年に神戸で生まれました。在日韓国人の2世です。

子供の頃はお手伝いさんに育てられたそうです。13歳のときに父親の再婚によって家を追い出され、ストリートチルドレンになりました。その後、いろいろな職に就き、癌などの闘病も乗り越えておられるようです。

この方も壮絶な人生を送っておられますね。

生島マリカの経歴は?

モデル、秘書、ホステス、クラブ経営者・・すごい経歴をお持ちです。
そして、30代後半で20代の男性に性的暴行を受けたことがショックで真言宗への出家をしました。

その後、息子さんへの遺言を兼ねて文章を書き始めました。

手記

⇒ 不死身の花―夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私

13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。

結婚、離婚、癌、レイプ、再び…癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。

生島マリカはハーフ?

ハーフではなく、在日韓国人のようです。

生島マリカと西原理恵子の現在の関係は?

関係はかなり悪いようですね。

鴨志田ひよのブログ魚拓。「毎日かあさん」で個人情報を無断でばらされる。

西原理恵子さんの娘、鴨志田ひよさんはブログにご自身の気持ちや真相を書いています。

西原理恵子の娘のツイッターは?

毒親暴露をした西原理恵子さんの娘、鴨志田ひよさんのツイッターはあるのでしょうか。

鴨志田ひよTwitter

生活のことなどをツイートしておられるようです。
アイコンの顔写真はご本人です。

西原理恵子は在日韓国人?

ヘイト主義者たちが日の丸の旗を掲げて「朝鮮人は出て行けー!」「命あると思うなよコラ!」「敵国人である朝鮮人は共産党と一緒に根絶やしにするしかないんですよ!」とがなりたて、「朝鮮人と共産党を絶滅せよー!」などとコールしていた。

ヘイト集団の街宣中、参加者がトラメガで「高須先生が来てくれてるんですよ! ありがとうございます! 高須先生! ありがとうございまーす!」と感謝を呼びかける。事実、高須院長は、道路を挟んで街宣を見ており、楽しそうに携帯電話で写真まで撮っていた。そして西原はといえば、撮影する高須院長の隣で、ニコニコしながらヘイト連中を見つめていたのだ。

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_3722/

夫である高須院長の韓国人に対するヘイトスピーチを笑顔で見守っていたらしいので、在日韓国人ではなさそうです。

西原理恵子の若い頃は?

西原理恵子さんの若い頃がかわいいと言われています。

20年前なので、西原理恵子さんが30代の頃でしょうか。とてもかわいいですね。

2010年頃の西原理恵子さんです。とてもかわいいと思います。

生島マリカの父親は?

生島マリカさんの父親は大阪の宝石商の在日韓国人です。
朝鮮半島から船を漕いで日本に渡ってきたそうですが、それは密入国なのでは・・?

宝石商という職業柄、暴力団との付き合いもあったそうです。特に、山口組幹部の山本健一さんと親友でした。

そして、生島マリカさんには9人の異母兄弟がいました。

生島マリカの夫は?

結婚歴が4度あり、山口組系のヤクザの夫もいたようです。
他にも、資産500億円のお金持ちと同棲していたこともあるそうです。

生島マリカの若い頃は?

母親との関係は悪く、母親が亡くなったときはうれしかったそうです。そして、新しい母親とはうまくいかず、家を追い出されたそうです。そして、危ない目に何度も遭ったのだとか・・

本当にドラマのような人生を送っておられるようですね。

生島マリカの経験が映画の元になった?

そんなドラマのような人生を送っている生島マリカさんの著書、「修羅の花 山口組トップから伝説の経済ヤクザの息子までが素顔を見せた」では、暴力団の親分について、経済ヤクザの義父について、そしてなんと映画「マルサの女2」のモデルになった事件などについて書かれています。

>>YouTube 借金300万円を背負わされた14歳は僧侶の愛人になった【有名映画のモデル】

  • URLをコピーしました!
目次